東松島の海と人が育んだ味Noriudon

のりうどんは東松島で育てられた、こだわりの海苔を使用して作られています。
さらに練る粉には宮城県産の2種類の中力粉を使用。
水分が1%でも違うと仕上がりが全く変わってしまうので、常に熟練の経験が重要になってきます。

こだわりの製法から生み出される独特の食感と練り込まれた海苔の風味は、
一度食べると瞬く間にはまってしまう事間違いなしと自信を持っておススメできる逸品となっています。

様々な出会いを経て誕生したのりうどん

一見すると蕎麦のように見えるこちらの麵。実は麺に海苔の粉末が練りこまれているのです。しっかりした歯ごたえと、だんだん口の中に広がる海苔の風味がクセになる味わいです。
のりうどんは最初、私大森宣勝が考案したもので、当時大曲浜で海苔漁師を営んでいた相澤太さんの父勝利さんと二人で作ったものでしたが、震災を経てからは、息子の太さんが丹精込めて育てた海苔を使用しています。のりうどんができるまで何度も試行錯誤をくりかえし、やっと今の形になったこののりうどんはおかげさまで多くの人に愛される食べ物になりました。のりうどんに情熱を注いできた私と海苔をこよなく愛する相澤さん、それまでに関わってきた様々な出会いがのりうどんを生み出したのです。

のりうどんのおいしさの秘密は・・・?

私はのりうどんを商品化する際に、強いこだわりを持って取り組みました。麺にするにあたって練りこむ海苔の風味、含有率、太さにいたるまで納得のいくまで試作を重ね、苦労をしてようやくできたのが今皆様に食べられているのりうどんです。練りこんである海苔も相澤さんが毎日毎日手塩にかけて育てた自慢の海苔で、食べる人の顔を思い浮かべながら一人でも多くの人に喜んでいただけるように心を込めた「一生で一番美味い海苔」なのです。二人三脚で作ったこののりうどんをもっとたくさんの方に召し上がっていただきたいです。
現在のりうどんは乾麺でも販売しているため、ご家庭でも気軽に召し上がれるようになりました。私オススメの食べ方は冷たい水でしめて食べる「ざるのりうどん」。きゅっとしまった麺は歯ごたえがさらに増し、つるんとしたノド越しがたまらない食感となっています。勿論お店にいけば打ちたてののりうどんがいただけますので、是非足を運んでみてください。

私達がのりうどんを作りましたMade it
ちゃんこ萩乃井
大森 宣勝

のりうどんを作ろうと思い立った日から紆余曲折ありましたが、今こうして皆様に食べていただけるようになって本当に嬉しい限りです。シンプルに食べていただいても良し、アレンジしていただいても良し。のりうどんの魅力を存分に味わってください。

海苔漁師
相澤 太

アイザワ水産で海苔漁師をしています。味付け、旨味調味料、添加物などを一切使用しないこだわりの海苔を今回麺の中に練り込んでいます。そんな丹精込めて生み出したのりうどん、是非食べてみてください。

美味しさへのこだわりCommit

長年にもわたる製法へのこだわり

のりうどんは東松島で育てられた、こだわりの海苔を使用して作られています。さらに練る粉には宮城県産の2種類の中力粉を使用。水分が1%でも違うと仕上がりが全く変わってしまうので、常に熟練の経験が重要になってきます。

一口食べれば虜になる風味と食感

のりうどんのこだわりの製法から生み出される独特の食感と練り込まれた海苔の風味は、一度食べると瞬く間にはまってしまう事間違いなしと自信を持っておススメできる品となっています。

練り込まれている東松島の海苔

この海苔は東松島の漁師、相澤太さんが丹精込めて育てた栄養たっぷりの海苔が練り込まれています。味付け、旨味調味料添加物、一切使用しない安心安全で美味しい海苔をふんだんに使用しているので、食べた瞬間から海の香りを堪能することができます。

のりうどんを引き立てるつゆの秘密

のりうどんを食べる際に欠かせないのが「つゆ」。こちらはのりうどんが最も際立つように特別な配合にしてあるのですが、のりうどんに練り込まれているのり粉と混ざることで、また違った味を楽しむことが出来ます。

贈答用にも喜ばれる一級品の品質

のりうどんは贈答用としても、多くの方に喜ばれる商品となっています。お客様の大切な方へ、のりうどんを贈ってはいかがでしょうか?

のりうどんが出来るまでNoriudon is ready
工程其の一
生地作り

小麦粉・塩水・特殊な製法で粉末状にした海苔の粉を混ぜ合わせ、練りあげます。この時の分量は、小麦粉の特徴や状態次第で変わります。湿度の高い季節は、小麦粉に水分が多く含まれているため、加える水も少なくするなど、知識と経験をもとにより美味しいものを作れるよう研究しています。

工程其の二
加圧

専用の加圧機で生地に圧を加えて、更に何十の層が出来るように数回に分けてプレスします。この工程により、うどんの噛み応えや弾力を与えます。のりうどんの特徴でもあるコシの強さと喉越しの良さは、この作業があってからこそ。

工程其の三
熟成

加圧した生地を熟成させます。熟成の日数は季節によって異なります。この工程で美味しさを更に閉じ込め、生地と海苔を馴染ませます。

工程其の四
生地を切る

伸ばした生地を切っていきます。打ち粉をふるい、機械に通して切ります。

工程其の五
茹で上げ

沸騰させたお湯で湯がいていきます。ゆであがったら麺をよく洗ってセイロに並べて出来上がり。